最新 hohiのPali語学習・作業記録

最終更新時間: 2015-06-29 12:47

Dīganikāya (長部経典) 目録

[ディーガ・ニカーヤ][経典]

長部経典のパーリ語タイトルと南伝大蔵経での和文タイトルとの対応、 World Tipiṭaka CSCD へのリンク表です。

Sīlakkhandhavaggapāḷi(World Tipiṭaka , CSCD )

1(1) Brahmajālasutta 梵網経(World Tipiṭaka, CSCD )
2(2)Sāmaññaphalasutta沙門果経(World Tipiṭaka, CSCD )
3(3)Ambaṭṭhasutta阿摩書経(World Tipiṭaka, CSCD )
4(4)Soṇadaṇḍasutta種徳経(World Tipiṭaka, CSCD )
5(5)Kūṭadantasutta究羅檀頭経(World Tipiṭaka, CSCD )
6(6)Mahātrsutta摩訶梨経(World Tipiṭaka, CSCD )
7(7)Jātryasutta闍梨経(World Tipiṭaka, CSCD )
8(8)Mahāsīhanādasutta迦葉師子吼経(World Tipiṭaka, CSCD )
9(9)Poṭṭhapādasutta布吒婆楼経(World Tipiṭaka, CSCD )
10(10)Subhasutta須婆経(World Tipiṭaka, CSCD )
11(11)Kevaṭṭasutta堅固経(World Tipiṭaka, CSCD )
12(12)Lohiccasutta露遮経(World Tipiṭaka, CSCD )
13(13)Tevijjasutta三明経(World Tipiṭaka, CSCD )

続きを読む

Aniccā vata saṅkhārā, uppādavayadhammino ...

[ディーガ・ニカーヤ]

目次

D 16 Mahāparinibbānasutta 36 Parinibbutakathāから

パーリ語

Aniccā vata saṅkhārā, uppādavayadhammino;

Uppajjitvā nirujjhanti, tesaṃ vūpasamo sukho

aniccā: anicca 「無常」の複数・主格
vata:(副詞)「実に」
saṅkhārā:saṅ;khāra のpl. nom.「諸行(は)」
uppādavayadhammino:uppāda 「生起」+ vaya 「衰滅」+ dhammino (dhamma「性質」+ ina 「持つ」?よく分かりません)
uppajjitvā: uppajjati「生じる」のger.→「生じて」
nirujjhanti: nirujjhati「滅する」の三人称・複数
tesaṃ: ta「それ・彼」のpl. dat. gen.「その」
vūpasamo: vūpasama「静寂」「寂滅」のsg. nom.
sukho:sukha 「楽」「安楽」「幸福」

Aṭṭhakathāの Mahāparinibbānasuttavaṇṇanā 221によれば

Uppādavayadhamminoti uppādavaya sabhāvā. Tesaṃ vūpasamoti tesaṃ saṅkhārānaṃ vūpasamo, asaṅkhataṃ nibbānameva sukhanti attho.

「Uppādavayadhamminoとは」uppādavaya の「自性、実相、天然」。「Tesaṃ vūpasamo」とは「これら諸行の消滅である、(すなわち)無為・無行である涅槃こそが喜びという意味(である)」

日本語訳

実に、諸行は無常です。生じては滅する性質のものです。

生じて滅する、これ(諸行)の寂滅(涅槃)が安楽です。


22x22(2649bytes)上記の日本語訳については著作権は放棄します。御自由にお使い下さい(編集・改変・ソフトウェアに組込むなど)。ただし日本語訳についての質・内容は保証しませんし、この訳をご利用になる上で生じるいかなる不都合に対して、上の日本語訳の作者は責任を負いません。

訳が拙い・不適切なところがある思います。御指摘あれば幸いです。

続きを読む