前の記事/ 次の記事 / 最新 / 2011-07 hohiのPali語学習・作業記録

[日常読誦経典]

2011-07-18

Paticca-samuppādo — Anulomaṃ(因縁の教え—順観)

パーリ語

Avijjā-paccayā saṅkhārā, saṅkhāra-paccayā viññāṇaṃ, viññāṇa-paccayā nāma-rūpaṃ, nāma-rūpa-paccayā saḷāyatanaṃ, saḷāyatana-paccayā phasso, phassa-paccayā vedanā, vedanā-paccayā taṇhā, taṇhā-paccayā upādānaṃ, upādāna-paccayā bhavo, bhava-paccayā jāti, jāti-paccayā jarā-maraṇaṃ soka-parideva-dukkha-domanassupāyāsā sambhavanti: evametassa kevalassa dukkhakkhandhassa samudayo hotī’ti.

Avijjā-paccayā saṅkhārā, saṅkhāra-paccayā viññāṇaṃ, viññāṇa-paccayā nāma-rūpaṃ, nāma-rūpa-paccayā saḷāyatanaṃ, saḷāyatana-paccayā phasso, phassa-paccayā vedanā, vedanā-paccayā taṇhā, taṇhā-paccayā upādānaṃ, upādāna-paccayā bhavo, bhava-paccayā jāti, jāti-paccayā jarā-maraṇaṃ soka-parideva-dukkha-domanassupāyāsā sambhavanti: evametassa kevalassa dukkhakkhandhassa samudayo hotī’ti

avijjā-paccayā: avijjā(f.)「無明」+ paccaya (m. abl.) 「縁」 →「無明に縁って」
saṅkhārā:saṅkhāra (m. pl. nom.?)「行」 →「行が(ある・生じる)」
saṅkhāra-paccayā:saṅkhāra-paccayā →「識に縁って」
viññāṇaṃ:viññāṇa (n. nom.)「識」 →「識が(ある・生じる)」
viññāṇa-paccayā:viññāṇa-paccayā →「識に縁って」
nāma-rūpaṃ:nāma 「名」 rūpa (n. nom.)「色」→「名色が(ある・生じる)」
nāma-rūpa-paccayā:nāma-rūpa-paccayā →「名色に縁って」
saḷāyatanaṃ:saḷāyatana (n. nom.)「六処」 →「六処が(ある・生じる)」
saḷāyatana-paccayā:saḷāyatana-paccayā →「六処に縁って」
phasso:phassa (m. nom.)「触」 →「触が(ある・生じる)」
phassa-paccayā:phassa-paccayā →「触に縁って」
vedanā: vedanā(f. nom.)「受」 pain; sensation.→「受が(ある・生じる)」
vedanā-paccayā:vedanā-paccayā →「受に縁って」
taṇhā:(f. nom.) 「渇愛」 craving; thirst; lust; attachment.→「渇愛が(ある・生じる)」
taṇhā-paccayā:taṇhā-paccayā →「渇愛に縁って」
upādānaṃ:upādān (n. nom.)「取・執着」 →「取(執着)が(ある・生じる)」
upādāna-paccayā:upādāna-paccayā →「取(執着)に縁って」
bhavo:bhava (m. nom.)「有・存在」 →「有(存在)が(ある・生じる)」
bhava-paccayā:bhava-paccayā →「有(存在)に縁って」
jāti:(f. nom.)「生・誕生」 birth; rebirth; race; nation; genealogy; asort of; a kind of.→「生が(ある・生じる)」
jāti-paccayā:jāti-paccayā →「生に縁って」
jarā-maraṇaṃ:jarā(f.)「老」-maraṇa (n. nom.)「死」 →「老い・死が」
soka-parideva-dukkha-domanassupāyāsā:soka (m.)「憂い」 parideva (m.)「悲しみ」dukkha (n.)「苦しみ」 domanassa (n.)「憂い悩み」+ upāyāsa (m. pl. nom.)「悩み・絶望」→
sambhavanti::sambhavati 「生じる・発生する」(pres. pl. 3rd)→「生じる」
evametassa:evaṃ「かく(の如く)・このように」+ (e) tassa (so, taṃ: sg. dat. gen.) →
kevalassa:kevala (a.)「独一の、全部の、完全の」 →「完全なる」
dukkhakkhandhassa:dukkha 「苦」+(k)khandha (m. gen. dat.)「蘊」→「苦蘊の」
samudayo:samudaya (m. nom.)「集・集起・生起・原因」 →
hotī'ti:hoti + iti →

日本語訳

無明に縁って行が生じます。行に縁って識が生じます。識に縁って名色が生じます。名色に縁って六処が生じます。六処に縁って触が生じます。触に縁って受が生じます。受に縁って渇愛が生じます。渇愛に縁って取(執着)が生じます。取(執着)に縁って有が生じます。有(存在)に縁って生が生じます。生によって老い・死、憂い・悲しみ・苦しみ・悩み・絶望が生じます。このように、これがすべての苦蘊の生起です。

リファレンス


22x22(2649bytes)上記の日本語訳については著作権は放棄します。御自由にお使い下さい(編集・改変・ソフトウェアに組込むなど)。ただし日本語訳についての質・内容は保証しませんし、この訳をご利用になる上で生じるいかなる不都合に対して、上の日本語訳の作者は責任を負いません。

訳が拙い・不適切なところがあるかも知れません。御指摘頂けるならば幸いです。

初出: Mon July 18 2011 22:55 (+0900)

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜