前の記事/ 次の記事 / 最新 / 2011-01 hohiのPali語学習・作業記録

[マッジマ・ニカーヤ][象跡喩大経]

2011-01-10

目次


日本語訳

1072友よ、空間が木によって、つる草によって、草よって、泥土によって囲まれているものが、「家」と呼ばれるように、このように、空間が骨によって、腱によって、肉によって、皮膚によって、囲まれているものが「色」と呼ばれます。友よ、もし内側の眼が壊れておらず、外側の色が視界に来なくて、また、それによって起こる注意もないならば、それによって起こる識の領域が現れることもありません。友よ、もし内側の眼が壊れておらず、外側の色が視界に来て、しかし、それによって起こる注意もないならば、それによって起こる識の領域が現れることもありません。友よ、なんとなれば、もし内側の眼が壊れておらず、外側の色が視界に来て、それによって起こる注意があるならこのように、それによって起こる識の領域が現れます。そのようにある色は色取蘊に含まれます、そのようにある受は受取蘊に含まれます、そのようにある想は想取蘊に含まれます、そのようにある行は行取蘊に含まれます、そのようにある識は識取蘊に含まれます。

パーリ語

(19/21)

1072 Seyyathāpi, āvuso, kaṭṭhañca paṭicca valliñca paṭicca tiṇañca paṭicca mattikañca paṭicca ākāso parivārito agārantveva saṅkhaṃ gacchati; evameva kho, āvuso, aṭṭhiñca paṭicca nhāruñca paṭicca maṃsañca paṭicca cammañca paṭicca ākāso parivārito rūpantveva saṅkhaṃ gacchati. Ajjhattikañceva, āvuso, cakkhuṃ aparibhinnaṃ hoti, bāhirā ca rūpā na āpāthaṃāgacchanti, no ca tajjo samannāhāro hoti, neva tāva tajjassa viññāṇabhāgassa pātubhāvo hoti. Ajjhattikañceva, cakkhuṃ aparibhinnaṃ hoti bāhirā ca rūpāāpāthaṃ āgacchanti, no ca tajjo samannāhāro hoti, neva tāva tajjassa viññāṇabhāgassa pātubhāvo hoti. Yato ca kho, āvuso, ajjhattikañceva cakkhuṃ aparibhinnaṃ hoti, bāhirā ca rūpā āpāthaṃ āgacchanti, tajjo ca samannāhāro hoti. Evaṃ tajjassa viññāṇabhāgassa pātubhāvo hoti. Yaṃ tathābhūtassa rūpaṃ taṃ rūpupādānakkhandhe saṅgahaṃ gacchati, yā tathābhūtassa vedanā sā vedanupādānakkhandhe saṅgahaṃ gacchati, yā tathābhūtassa saññā sā saññupādānakkhandhe saṅgahaṃ gacchati, ye tathābhūtassa saṅkhārā te saṅkhārupādānakkhandhe saṅgahaṃ gacchanti, yaṃ tathābhūtassa viññāṇaṃ taṃ viññāṇupādānakkhandhe saṅgahaṃ gacchati.

Seyyathāpi, āvuso, kaṭṭhañca paṭicca valliñca paṭicca tiṇañca paṭicca mattikañca paṭicca ākāso parivārito agārantveva saṅkhaṃ gacchati; evameva kho, āvuso, aṭṭhiñca paṭicca nhāruñca paṭicca maṃsañca paṭicca cammañca paṭicca ākāso parivārito rūpantveva saṅkhaṃ gacchati

kaṭṭhañca:kaṭṭhaṃ(kaṭṭha 「薪、木」 m., sg. acc.)+ ca →
valliñca:valliṃ(vallī「蔓草(つるくさ)」 f., sg. acc.)+ ca →
tiṇañca:tiṇaṃ(tiṇa (n. sg. acc.)「草、茅草」)+ ca →
mattikañca:mattikaṃ(mattikā f. sg. acc 「土・泥土」)+ca →
ākāso:ākāsa (ākāsa m., sg.「虚空・空」)→
parivārito:parivārita (parivāreti 「囲う・囲む」)→「囲まれている」
agārantveva:agāraṃ「家」+ti + eva →
saṅkhaṃ:saṅkhā「名称・呼称」(f.) →
gacchati;:gacchati;「行く」(sg. 3rd.) →
aṭṭhiñca:aṭṭhiṃ(aṭṭhi 「骨」(n.)) + ca →
nhāruñca:nhāruṃ(nāru 「腱・筋」(m., acc.))+ ca →
maṃsañca:maṃsaṃ(maṃsa 「肉」(n. acc.))+ ca →
cammañca:cammaṃ(camma 「皮膚・皮」(n. acc.))+ ca →
rūpantveva:rūpaṃ(rūpa 「色」(n.))+ti+ eva →

友よ、空間が木によって、つる草によって、草よって、泥土によって囲まれているものが、「家」と呼ばれるように、このように、空間が骨によって、腱によって、肉によって、皮膚によって、囲まれているものが「色」と呼ばれます。

Ajjhattikañceva, āvuso, cakkhuṃ aparibhinnaṃ hoti, bāhirā ca rūpā na āpāthaṃ āgacchanti, no ca tajjo samannāhāro hoti, neva tāva tajjassa viññāṇabhāgassa pātubhāvo hoti

ajjhattikañceva:ajjhattikaṃ(ajjhattika 「内の」)+ ceva (ceva …… ca 「…と…と」) →
cakkhuṃ:cakkhu 「眼・目」(n. nom.) →「眼が」
aparibhinnaṃ:a + paribhinna 「boroken, split 壊れた・割れた」(a. nom.) →「壊れていない」
rūpā:rūpa 「色」(n. pl. nom.) →
āpāthaṃ:āpātha 「視野」(m. acc.) →
āgacchanti:āgacchati 「来る・近付く」(3rd pl.) →
tajjo:tajja 「それによって起こる」(a.) →
samannāhāro:samannāhāra 「注意・存念、concentration, bringing together」(m. nom.) →
neva:na + eva (neva … na …「…でもなく、…でもない」) →
tajjassa:tajja (a. dat. gen.) →
viññāṇabhāgassa:viññāṇa 「識」(n.)+ bhāga 「部分・領域」(m. dat. gen.) →
pātubhāvo:pātubhāva 「appearance, coming into manifestation 明かになること」 →

友よ、もし内側の眼が壊れておらず、外側の色が視界に来なくて、また、それによって起こる注意もないならば、それによって起こる識の領域が現れることもありません。

Ajjhattikañceva, āvuso, cakkhuṃ aparibhinnaṃ hoti bāhirā ca rūpā āpāthaṃ āgacchanti, no ca tajjo samannāhāro hoti, neva tāva tajjassa viññāṇabhāgassa pātubhāvo hoti

友よ、もし内側の眼が壊れておらず、外側の色が視界に来て、しかし、それによって起こる注意もないならば、それによって起こる識の領域が現れることもありません。

Yato ca kho, āvuso, ajjhattikañceva cakkhuṃ aparibhinnaṃ hoti, bāhirā ca rūpā āpāthaṃ āgacchanti, tajjo ca samannāhāro hoti

yato: ind. from where; whence; since; because; onaccount of which.→

友よ、なんとなれば、もし内側の眼が壊れておらず、外側の色が視界に来て、それによって起こる注意があるなら

Evaṃ tajjassa viññāṇabhāgassa pātubhāvo hoti

このように、それによって起こる識の領域が現れます。

Yaṃ tathābhūtassa rūpaṃ taṃ rūpupādānakkhandhe saṅgahaṃ gacchati, yā tathābhūtassa vedanā sā vedanupādānakkhandhe saṅgahaṃ gacchati, yā tathābhūtassa saññā sā saññupādānakkhandhe saṅgahaṃ gacchati, ye tathābhūtassa saṅkhārā te saṅkhārupādānakkhandhe saṅgahaṃ gacchanti, yaṃ tathābhūtassa viññāṇaṃ taṃ viññāṇupādānakkhandhe saṅgahaṃ gacchati

tathābhūtassa:tathā「そのように・かくの如く」+ bhūta「〜となれる・〜とある」(a. gen. dat.) →
rūpupādānakkhandhe:rūpa 「色」+ upādāna 「取」+(k)khandha 「蘊」(m. loc.) →「色取蘊において」
vedanupādānakkhandhe:vedana 「受」+ upādānakkhandha →「受取蘊において」
saññupādānakkhandhe:sañña 「想」+ upādānakkhandha →「想取蘊において」
saṅkhārupādānakkhandhe:saṅkhāra 「行」+ upādānakkhandha →「行取蘊において」
viññāṇupādānakkhandhe:viññāṇa 「識」+ upādānakkhandha →「識取蘊において」

そのようにある色は色取蘊に含まれます、そのようにある受は受取蘊に含まれます、そのようにある想は想取蘊に含まれます、そのようにある行は行取蘊に含まれます、そのようにある識は識取蘊に含まれます。


22x22(2649bytes)上記の日本語訳については著作権は放棄します。御自由にお使い下さい(編集・改変・ソフトウェアに組込むなど)。ただし日本語訳についての質・内容は保証しませんし、この訳をご利用になる上で生じるいかなる不都合に対して、上の日本語訳の作者は責任を負いません。

訳が拙い・不適切なところがあるかも知れません。御指摘あれば幸いです。

初出: Mon January 10 2011 22:44 (+0900)


パーリ語はe-Tipiṭaka Quotation (World Tipiṭaka Edition 2005)のパーリ経典を元にしています