前の記事/ 次の記事 / 最新 / 2010-12 hohiのPali語学習・作業記録

[スマナサーラ長老][法話メモ]

2010-12-30

〜仏教徒御用達の「リフレッシュ」術〜

目次

まず、汚れを確認する  

  1. Abhijjhāvisamalobho cittassa upakkileso
    • 「貪欲はこころの汚れです」
  2. byāpādo cittassa upakkileso
    • 「瞋恚・害心(異常な怒り)はこころの汚れです」
  3. kodho cittassa upakkileso
    • 「強い怒りはこころの汚れです」
    • カっとなる。どうにもならなくなること
  4. upanāho cittassa upakkileso
    • 「怨恨(時間を経ると怒りは怨恨になる)はこころの汚れです」
    • 怒りが消えない
  5. makkho cittassa upakkileso
    • 「偽善・悪の覆蔵はこころの汚れです」
    • 言い訳を持っていると成長しない
    • 他人の小さい罪を拡大して言いふらす
    • 他人の過ちを徹底追及は自分の悪を隠すためにやる
  6. paḷāso cittassa upakkileso
    • 「他人の特を軽視することはこころの汚れです」
    • どうしてもケチをつける
    • 立派な人のことをバカにする
    • 立派な人から学べない
    • Palāsenāti palāsetīti palāso, parassa guṇe uttaritare ḍaṃsitvā viya chaḍḍento attano guṇehi same karotīti attho. Samakaraṇaraso hi palāso, tena palāsena.

      Pāyāsirājaññasuttavaṇṇanā Aggikajaṭilaupamāvaṇṇanā

  7. issā cittassa upakkileso
    • 「嫉妬はこころの汚れです」
    • 『人の良いところがイヤ』
    • 仲間うちで生まれる感情
    • とても危険
  8. macchariyaṃ cittassa upakkileso
    • 「物惜しみはこころの汚れです」
    • 『自分の能力を他人と共有したくない』
    • 自分の能力は、他人と共有する度に売れる・伸びる・評価される
    • 現代人は『能力の共有はおかしい』と思っている
  9. māyā cittassa upakkileso
    • 「詐欺・誤魔化しはこころの汚れです」
    • 誤魔化して自分の利益を取ろうとすること
  10. sāṭheyyaṃ cittassa upakkileso
    • 「へつらいはこころの汚れです」
  11. thambho cittassa upakkileso
    • 「頑固はこころの汚れです」
    • 「鉄の棒を飲み込んでいる」
    • 人の話を取り入れない
  12. sārambho cittassa upakkileso
    • 「張り合うことはこころの汚れです」
    • いつでもケンカを売る正確
  13. māno cittassa upakkileso
    • 「慢はこころの汚れです」
    • 自分中心に比べること
  14. atimāno cittassa upakkileso
    • 「傲慢はこころの汚れです」
    • 自分が偉いという態度
  15. mado cittassa upakkileso
    • 「怠ることはこころの汚れです」
    • ほろ酔いで調子に乗っている、酔っている状態
  16. pamādo cittassa upakkileso
    • 「現在に気づいていないのはこころの汚れです」
    • vipassanā瞑想は、この汚れに挑戦している
    • (反対の意味は、気づき、現在に気づいていること)

確認から注意へ  

成長の過程  

成長の過程 —慈悲喜捨  

『洗礼を受けないと罪は消えない』?  

愚か者が沐浴洗礼する  

「いま、ここ」で始める  

心を洗濯する様々な方法  

五感の管理  

瞑想実践  

幸福は自分で作る  


メモを元にしているので、不正確な部分があります。(必ずしも長老がお示しになったパワーポイントの内容通りではありません。)


初出: Thu December 30 2010 22:53 (+0900)