前の月/ 次の月 / 最新 hohiのPali語学習・作業記録

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

Majjhimanikāya (中部経典) 目録 (3/3)

[マッジマ・ニカーヤ][経典]

中部経典のパーリ語タイトルと南伝大蔵経での和文タイトルとの対応、 World Tipiṭaka CSCD へのリンク表です。

[ Mūlapaṇṇāsapāḷi 根本五十経篇][ Majjhimapaṇṇāsapāḷi 中分五十経篇]

Uparipaṇṇāsapāḷi後分五十経篇(World Tipiṭaka , CSCD )

Devadahavagga 天臂品(World Tipiṭaka ,CSCD )

1(101) Devadahasutta天臂経(World Tipiṭaka)(CSCD)
2(102) Pañcattayasutta五三経(World Tipiṭaka)(CSCD)
3(103) Kintisutta如何経(World Tipiṭaka)(CSCD)
4(104) Sāmagāmasutta舎弥村経(World Tipiṭaka)(CSCD)
5(105) Sunakkhattasutta善星経(World Tipiṭaka)(CSCD)
6(106) Āneñjasappāyasutta不動利益経(World Tipiṭaka)(CSCD)
7(107) Gaṇakamoggallānasutta算数家目犍連経(World Tipiṭaka)(CSCD)
8(108) Gopakamoggallānasutta瞿黙目犍連経(World Tipiṭaka)(CSCD)
9(109) Mahāpuṇṇamasutta満月大経(World Tipiṭaka)(CSCD)
10(110) Cūḷapuṇṇamasutta満月小経(World Tipiṭaka)(CSCD)

続きを読む

中部経典 28 Mahāhatthipadopamasutta 象跡喩大経 (12/21)

[マッジマ・ニカーヤ][象跡喩大経]

目次


日本語訳

304.

1065友よ、何が火の要素でしょうか?火の要素は内側のものであり得ます、外側のものであり得ます。友よ、何が内側の火の要素でしょうか?内側にあり、各々にあり、水、水の状態のもの、執着されたところものです、それはこのようにです — yena caそれによって熱せられるもの、またそれによって熟成されるもの、それによって焼かれるもの、それによって食べ物・飲み物・食べられる・味あわれるものが完全に消化されるものであり、火、火の状態のもの、執着されたところものです—友よ、これが、内の火の要素と言われます。また内側の火の要素であるところのもの、外側の火の要素であるところのもの、それこそが火の要素です。「それは私のものではありません、これが私ではありません、これが私の自我ではありません」と、このようにこれを如実に正しい智慧でもって見られるべきです。このように、これを如実に正しい智慧によって見て、火の要素から厭離します、火の要素から心を離貪させます。

続きを読む

幸福の縁起論 〜スマナサーラ長老法話メモ(2010年01月10日 — 文京区シビックホール)

[スマナサーラ長老][法話メモ]

〜無知の「無限軌道」の切断ポイント〜

目次

縁起の始まり

  • why?
  • how?
  • ある時、アーナンダ尊者が「御釈迦様は因果法則は難しいと仰いますが、私にはそんなに難しいことではないように思えます」と仰ると、御釈迦様は「そのようなことは言ってはなりません」と3回繰り返された。
  • 「因果法則こそ、すごく難しいことです。人間には理解できません。理解できないからこそ、人生はからみあって抜け出せず、苦しみから苦しみへ回転し、輪廻転生し、何をやってもロクな結果になっていないのです。生きているのは、この因果法則という問題が解決できないからです。」
  • 難しいからとって逃げるのではありません。挑戦するのです。
  • 龍樹:「仏説とは因果法則である」→仏教を学ぶとは、因果法則を学ぶことです
  • サーリプッタ尊者の出家する前のエピソード
    • アッサジ尊者を見て「この方はよっぽど落ち着いている」
    • 「あなたはどんな教えを信仰して修行しているのでしょうか。あなたの師匠は何を教えているのでしょうか」
    • アッサジ尊者は「それは私の能力では教えられません。私はこの道に入ってまだ間もないですし」
    • サーリプッタ尊者「いいえ、先生は要点だけ仰って下さい」
    • アッサジ尊者「それならば出来ますよ。」
    • 「物事は因縁によって生まれる。因縁によって生まれたものは因縁によって消えます」
    • サーリプッタ尊者「よく分かりました」→悟りの第一段階に達する
    • 御釈迦様のもとで出家する
  • ブッダの最初の5人の比丘達への教えでも「ものごとは因果法則・縁起である」とはっきりしていた

why なぜ

  • 人が認識する、経験するあらゆる現象について多かれ少なかれ「なぜ」という疑問が生じる
  • その疑問から見出した答は現代まで発展してきた「知識・哲学・宗教・科学」という結果になっている
  • あなたが「何で…」と煩わしかった時期は、知識は発展していたのです
  • 頭の中で「何で」の回数が減るのは、知識の退化を意味します
    • 死ぬまで子供のように「なぜ」いっぱいで生きていると、素晴らしく智慧が開発される
    • 人生が面白くなる
    • 現実はそうではない→「why」が減ってしまう

続きを読む

2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2015-06-29 12:47