前の記事/ 次の記事 / 最新 / 2009-09 hohiのPali語学習・作業記録

[マッジマ・ニカーヤ][象跡喩大経]

2009-09-06

目次


日本語訳

301.

1055友よ、何がドゥッカの聖なる真理でしょうか?生もまたドゥッカです、老もまたドゥッカです、死もまたドゥッカです、悲しみ、嘆き、苦しみ、悩み、失望もまたドゥッカです、欲しいものが得られないこともまたドゥッカです。要するに、五つの執着する蘊がドゥッカです。友よ、何が五つの執着の蘊でしょうか?それはこのようにです—色取蘊、受取蘊、想取蘊、行取蘊、識取蘊です。

パーリ語

(3/21)

301.

1055 Katamañcāvuso, dukkhaṃ ariyasaccaṃ? Jātipi dukkhā, jarāpi dukkhā, maraṇampi dukkhaṃ, sokaparidevadukkhadomanassupāyāsāpi dukkhā, yampicchaṃ na labhati tampi dukkhaṃ; saṃkhittena, pañcupādānakkhandhā dukkhā. Katame cāvuso, pañcupādānakkhandhā? Seyyathidaṃ—rūpupādānakkhandho, vedanupādānakkhandho, saññupādānakkhandho, saṅkhārupādānakkhandho, viññāṇupādānakkhandho.

Katamañcāvuso, dukkhaṃ ariyasaccaṃ? Jātipi dukkhā, jarāpi dukkhā, maraṇampi dukkhaṃ, sokaparidevadukkhadomanassupāyāsāpi dukkhā, yampicchaṃ na labhati tampi dukkhaṃ; saṃkhittena, pañcupādānakkhandhā dukkhā

katamañcāvuso:katamaṃ(katama 「どれ・どの」 n. nom.)+ca + āvuso 「友よ」 →
dukkhaṃ: dukkha 「苦」(n. nom.)→
ariyasaccaṃ?:ariyasacca (n. nom.) →「聖なる真理であるか?」
jātipi:jāti 「生」(f. nom.)+ pi 「〜も」 →「生もまた」
dukkhā:dukkha 「苦」(n. nom.) →「苦である」
jarāpi:jarā「老」(f. nom.)+ pi →「老もまた」
maraṇampi:maraṇaṃ(maraṇa 「死」 n. nom.)+ pi →「死もまた」
sokaparidevadukkhadomanassupāyāsāpi:soka 「悲しみ」+ parideva 「嘆き」+ dukkha 「苦しみ」+ domanassa 「悩み」+ upāyāsa 「失望」+ api →「悲しみ、嘆き、苦しみ、悩み、失望もまた」
yampicchaṃ:yaṃ(ya, n. nom.)「〜のところものが」+ (p)+ iccha (a.)「望んでいる・欲しい」 →
na:(否定)
labhati: labh + a gets; obtains; attains.→「得る」
tampi:taṃ「それ」(taṃ nom.)+ pi →
saṃkhittena:saṅkhittena (saṅkhitta「簡略の」(a.)) →「要するに・要略すれば」
pañcupādānakkhandhā: pañca 「五」+upādāna 「取・執着」+(k)khandha 「蘊」(m. pl. nom.) →「五つの執着する蘊が(五取蘊が)」

友よ、何がドゥッカの聖なる真理でしょうか?生もまたドゥッカです、老もまたドゥッカです、死もまたドゥッカです、悲しみ、嘆き、苦しみ、悩み、失望もまたドゥッカです、欲しいものが得られないこともまたドゥッカです。要するに、五つの執着する蘊がドゥッカです。

Katame cāvuso, pañcupādānakkhandhā? Seyyathidaṃ— rūpupādānakkhandho, vedanupādānakkhandho, saññupādānakkhandho, saṅkhārupādānakkhandho, viññāṇupādānakkhandho

katame:katama 「どの・どれ・いずれが」(pl. m. nom.) →「何が」
cāvuso:ca + āvuso →「友よ」
pañcupādānakkhandhā?:pañcupādānakkhandhā? →
seyyathidaṃ:seyyathā「そのように」+ idaṃ →「それはこのようにです」
rūpupādānakkhandho:rūpa 「色」+ upādāna「取・執着」+(k)khandha 「蘊」(nom.) →
vedanupādānakkhandho:vedana 「受」+ upādāna +(k)khandha (nom.) →
saññupādānakkhandho:saññā「想」+ upādāna +(k)khandho →
saṅkhārupādānakkhandho:saṅkhāra「行」+ upādāna +(k)khandha (nom.) →
viññāṇupādānakkhandho:viññāṇa 「識」+ upādāna +(k)khandho →

友よ、何が五つの執着の蘊でしょうか?それはこのようにです—色取蘊、受取蘊、想取蘊、行取蘊、識取蘊です。


22x22(2649bytes)上記の日本語訳については著作権は放棄します。御自由にお使い下さい(編集・改変・ソフトウェアに組込むなど)。ただし日本語訳についての質・内容は保証しませんし、この訳をご利用になる上で生じるいかなる不都合に対して、上の日本語訳の作者は責任を負いません。

訳が拙い・不適切なところがあるかも知れません。御指摘あれば幸いです。

初出: Sun September 06 2009 21:51 (+0900)


パーリ語はe-Tipiṭaka Quotation (World Tipiṭaka Edition 2005)のパーリ経典を元にしています