前の月/ 次の月 / 最新 hohiのPali語学習・作業記録

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

サンユッタ・ニカーヤ 47-19

[サンユッタ・ニカーヤ]

ܒ

47-19 Sedakasutta

ђ꒸

851
Ekaṃ samayaṃ bhagavā sumbhesu viharati sedakaṃ nāma sumbhānaṃ nigamo. Tatra kho bhagavā bhikkhūāmantesi—‘‘bhūtapubbaṃ, bhikkhave, caṇḍālavaṃsiko caṇḍālavaṃsaṃ ussāpetvā medakathālikaṃ antevāsiṃāmantesi—‘ehi tvaṃ, samma medakathālike, caṇḍālavaṃsaṃ abhiruhitvā mama uparikhandhe tiṭṭhāhī’ti.‘Evaṃ,ācariyā’ti kho, bhikkhave, medakathālikā antevāsī caṇḍālavaṃsikassa paṭissutvā caṇḍālavaṃsaṃ abhiruhitvāācariyassa uparikhandhe aṭṭhāsi. Atha kho, bhikkhave, caṇḍālavaṃsiko medakathālikaṃ antevāsiṃ etadavoca—‘tvaṃ, samma medakathālike, mamaṃ rakkha, ahaṃ taṃ rakkhissāmi. Evaṃ mayaṃ aññamaññaṃ guttā aññamaññaṃ rakkhitā sippāni ceva dassessāma, lābhañca lacchāma, sotthinā ca caṇḍālavaṃsā orohissāmā’ti. Evaṃ vutte, bhikkhave, medakathālikā antevāsī caṇḍālavaṃsikaṃ etadavoca—‘na kho panetaṃ,ācariya, evaṃ bhavissati. Tvaṃ,ācariya, attānaṃ rakkha, ahaṃ attānaṃ rakkhissāmi. Evaṃ mayaṃ attaguttā attarakkhitā sippāni ceva dassessāma, lābhañca lacchāma, sotthinā ca caṇḍālavaṃsā orohissāmā’ ti.

ekaṃ: eka(acc.)
samayaṃ:samaya (acc.)[-ԒђŪ]; ekaṃ samayaṃ→(adv.)֒뒻
bhagavā:bhagavant (nom)→֒ºϒ
sumbhesu:sumbha (loc.)→֒В²ΒȒ풤˒
viharati:viharati֒(˒Ū)→֒ǒ钤쒤
sedakaṃ:sedaka (acc.)֒
nāma:֒Ȓ̾Β
sumbhānaṃ:sumbha (pl. gen.)→֒ВãΒ
nigamo:nigama ֒Į(m. nom.)→֒Į()
tatra:֒ΒȒ
kho:kho
bhikkhū:bhikkhu (pl. acc.)→֒撵֒ã˒
āmantesi—:āmanteti (aor.)֒ƒӒݒ钤쒤
bhūtapubbaṃ: bhūtapubba ֒Β(acc. adv.)→֒()
bhikkhave:bhikkhu (pl. voc.)→֒撵֒ã蒡
caṇḍālavaṃsiko:caṇḍālavaṃsika (nom.)֒ͷΒݒȒΒԒϒ
caṇḍālavaṃsaṃ:caṇḍālavaṃsaṃ
ussāpetvā:ussāpeti(u + si +āpe)(ger.)֒咤ƒǒƒ
medakathālikaṃ:medakathālikā(f. acc.)֒ᒡ꒥˒(ʸ̒꒤ΒՒ̣ϒؒՒ钥ђ󒡦Ȓʪ钡)
antevāsiṃ:antevāsin (acc.)֒Ғ˒
ehi:֒
tvaṃ:tvaṃ֒ϒ
samma:(interj.)֒ͧ蒡
medakathālike:medakathālikā(voc.)֒ᒡ꒥蒡
abhiruhitvā:abhiruhati֒В뒡(ger.)→֒ВÒƒ
mama:ahaṃ(gen.)→֒䒤Β
uparikhandhe:upari֒咤˒+ khandha ֒(loc.)→֒Β咤˒ƒ
tiṭṭhāhī:tiṭṭhāti ֒ΩĒߒޒ뒡(imper. 2nd)→֒ߒޒ꒤ʒ
evaṃ:֒Βޒ
ācariyā'ti:ācariya֒Ւ(voc.)+ iti (a + iti →āti)→֒ؒՒ蒡ْȒ
medakathālikā: medakathālikā(nom.)֒ᒡ꒥ϒ
antevāsī:antevāsin (nom.)֒Ғϒ
caṇḍālavaṃsikassa:caṇḍāla֒ͷ+ vaṃsika (dat.)֒ݒȒΒԒ˒
paṭissutvā:paṭissuṇāti ֒ƱՒ뒡뒡(ger.)→֒ƒ
ācariyassa:ācariya (gen.)֒Ւ→֒ՒΒ
aṭṭhāsi:tiṭṭhāati֒ߒޒ뒡(aor.)֒ߒޒ꒤ޒ
atha kho:֒ǒ˒ƒ
etadavoca:etad ֒쒡+ avoca (vacati-aor.)→֒Ò
tvaṃ:tvaṃ(nom.)֒ʒϒ
mamaṃ:ahaṃ֒䒡(acc.)֒䒤
rakkha:rakkhati (imper.)→֒钤꒤ʒ
ahaṃ:ahaṃ֒䒤ϒ
taṃ:tvaṃ(acc.)֒ʒ
rakkhissāmi:rakkhati (fut.)→֒钤꒤ޒ璤
evaṃ:֒Β蒤˒
mayaṃ:ahaṃ(pl. nom.)→֒ãϒ
aññamaññaṃ:(aññamañña )(acc.→ adv.)֒ߒ˒
guttā:gutta (guppp.)֒钤钤쒤뒡
rakkhitā:rakkhita (rakkhatipp.)֒钤钤쒤
sippāni:sippa ֒(pl.)
ceva:ceva
dassessāma:dasseti ֒뒡(fut. pl. 1st.[-issa])→֒钤쒤뒡
lābhañca:lābhaṃ(acc.)֒; ca
lacchāma:labhati֒뒡(pl. 1st. presnt)→(ã)뒡
sotthinā:sotthinā(adv.)̵֒˒ʿ˒
ca:ca
caṇḍālavaṃsā:caṇḍāla ֒ͷ+ vaṃsa ֒ݒ(abl.)(ͷ)ݒ钡
orohissāmā:orohati֒ߒ꒤뒡(fut. pl. 1st.[issāmā])→֒ߒ꒤뒤ȒВ蒤뒡
vutte:vutta֒쒤(loc.) evaṃ vutte ֒쒤˒
caṇḍālavaṃsikaṃ:caṇḍāla + vaṃsikaṃ
na:na
panetaṃ:pana ֒ޒ+ etaṃ([etad] sg. nom.)֒쒤ϒ?→֒쒤ϒ
ācariya:ācariya (voc.)֒Ւ蒡
evaṃ:evaṃ
bhavissati:bhavati (fut.)֒ǒ璤
tvaṃ:tvaṃ(nom.)֒ʒϒ
attānaṃ:attan ֒ʒ(acc.)→֒ʒ򒡦ʬ
attaguttā:atta (= attan ֒ʬ)+ gutta ֒钤钤쒤ƒ뒡
attarakkhitā:atta (= attan ֒ʬ)+ rakkhita (rakkhatipp.)֒钤钤쒤

続きを読む

ブッダの教えの特色 〜 スマナサーラ長老法話メモ(2008年09月21日 — 江戸川区総合文化センター)

[スマナサーラ長老][法話メモ]

以下のメモ(特に後半)は不十分で正確でない箇所があります。ご了承下さい。

目次

(イントロダクション)

ブッダの教えと仏教

  • ブッダの教えが仏教です
  • ブッダによって説かれた教え・註釈・ブッダの教えに基いた説法
  • 日本では様々な開祖が開発した教えと現代の新興宗教も『仏教』になるので区別しておく
  • 仏教:「客観的・はっきりした証拠がなければ信じてはならない(ペンディングしておきなさい)」
  • 「教えを鵜呑みしてはならない」→信じる必要はない
  • 仏教は相手が納得するように説く(脅したりしない)
  • ブッダの教えから脱出しないので、長い歴史で様々に変化しながらも基本的に一貫性がある
  • 出家はいくつかの宗派に分かれているが社会的現象のみで、教えは厳密に同じ
    • 日本での宗派であるような内容が互い違いということはない

仏教文化

  • スリランカの文化= 仏教文化:ブッダの教えは根本的に民族の習慣に染みついている
  • キリスト教・イスラム教など、後から入ってきた宗教をも仏教に染めてしまう
  • 他宗教の方々も独自性を保つ努力をしないと仏教文化に同化してしまう
  • 仏教文化は排他的ではない
  • 他人との調和と共存を大事に思う
  • したがって、他宗教の異文化の影響を違和感なく受けてしまう
  • 仏教文化は時代の流れとともにスムースに変わっていく
  • 文化と独立してブッダの教えが変わることなく続くのはちょっと不思議でしょう

続きを読む

Protection Through Satipaṭṭhāna (by Nyāṇaponika Thera) 〜

[ニャーナポーニカ長老][Access To Insight]

Access to Insight Library にあるNyāṇaponika Thera による"Protection Through Satipatthana"を訳してみたものです。

Nyāṇaponika Thera(ニャーナポーニカ長老)について

Nyāṇaponika Theraについては Access to Insightにある紹介文に次のようにあります:。

ニャーナポーニカ長老(ジークムント・フェニガー)は1936年に生まれたドイツからスリランカに移り、ニャンナティローカ長老(1878-1957)の元で比丘として出家されました。1958年にはBuddhist Publication Societyの設立に尽力され、1984年まで編集長を、また1988年に引退されるまで会長を努められました。長老は57回目の雨安居の最後の日に、キャンディ郊外ウダワッタキャレー保安林(the Udawattakele Reserve)内のフォレスト・エルミタージュ(the Forest Hermitage)で穏やかに息を引きとられました。人々に賞賛されている長老の著作としては"The Heart of Buddhist Meditation"、"The Vision of Dhamma"、"Abhidhamma Studies"、(Bhikkhu Bodhiと共著で)"Numerical Discourses of the Buddha"があります[出典: Introduction to "The Vision of the Dhamma"(Kandy: Buddhist Publication Society, 1992)、"For the Welfare of Many" by Bhikkhu Bodhi.]。


ある時、ブッダは比丘達に次の物語をお話されました(Satipaṭṭhānasaṃyutta, 19):

昔、高い竹竿の上で曲芸をする二人の曲芸師がいました。ある日、師匠の方が弟子にこう言いました:『さあ、私の肩に乗り、竹竿を登りなさい』。弟子が言われた通りにすると、師匠は言いました:『では、お前は私をよく守りなさい!そして私はお前を守ります!こうやってお互いを守ることで、我々の技を見せることができて、そして稼ぎを得ることができて、竹竿から安全に降りることができるのす』。しかし弟子は言いました:『師匠、それは違いますよ!師匠は御自分をお守り下さい。そして私は自分を守ります。こうして自分を守り、自分を保護することで私達は安全に曲芸を出来るでしょう』と。

「これが正しい方法です」と世尊は仰い、次のように続けられました:

「その弟子が言った通り:『私は私を守ります』—このように気づきを保ち続けること(satipaṭṭāna)を実践するべきです。『私は他者を守ります』—このように気づきを保ち続けることを実践するべきです。自分を守ることで、他者を守ります;他者を守ることで、自分を守ります。

それでは、どのようにして、自分を守り、他者を守るのでしょうか。繰り返し、多く瞑想を実践することによってです(āsevanāya, bhāvanāya, bahulīkammena).

続きを読む

2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2015-06-29 12:47