前の月/ 次の月 / 最新 hohiのPali語学習・作業記録

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Buddha Vandanā (Buddha guṇa ブッダの九徳)

[日常読誦経典]

目次

Buddha Vandanā(Buddha guṇa ブッダの九徳)

パーリ語

Iti pi so Bhagavā Arahaṃ Sammā-sambuddho Vijjā-caraṇa Sampanno Sugato Lokavidū Anuttaro Purisa-damma-sārathi Satthā deva-manussānaṃ Buddho Bhagavā ti.

Buddhaṃ jīvita pariyantaṃ saraṇaṃ gacchāmi.

iti:かくも
pi:
so:
bhagavā: bhagavant「世尊」のnom.→「世尊は」(この文の主語)
arahaṃ:arahant「阿羅漢」のnom.→「阿羅漢である」
sammā-sambuddho: sammā「正しく」+ sa(m)「自ら」+buddhaのnom.「正自覚者である」
vijjā-caraṇa sampanno : vijjā「明」+ caraṇa 「行・行為」 sampannaのnom.「具足した者」→「明行具足者である」
sugato: sugataのnom.「善逝である」
lokavidū: loka 「世間」+ vidū「賢者」のnom.→「世間解である」
anuttaro purisa-damma-sārathi : anuttara(an + uttra)のnom .「無上の」 purisa 「人・丈夫」-damma 「調御されるべき者の」-sārathi 「調御者」の nom.→「無上の調御丈夫である」
satthā deva-manussānaṃ:satthar「師・大師」の nom.deva 「神」(m.)-manussa「人」のpl. dat.→「神々・人々の師(天神師)である」
buddho:buddhaのnom.「ブッダ(覚者)である」
ti:
buddhaṃ: buddhaのacc.「ブッダ(覚者)に」
jīvita:「命」
pariyantaṃ:pariyanta 「限り・終り」のacc.
saraṇaṃ:「帰依所に」
gacchāmi: gacchatiのsg. 1st.「(私は)行く」

日本語訳

かくも、かのお方、世尊は、阿羅漢、正自覚者、明行具足者、善逝、世間解、無上調御丈夫、天神師、覚者、世尊であらせられます。

(このような)ブッダに生涯、私は帰依いたします。

続きを読む

Dhamma Vandanā ダンマへの礼拝 (ダンマの六徳)

[日常読誦経典]

目次

Dhamma Vandanāダンマへの礼拝(ダンマの六徳)

パーリ語

Svākkhāto Bhagavatā Dhammo Sandiṭṭhiko Akāliko Ehi-passiko Opanayiko Paccattaṃ Veditabbo viññūhī ti

svākkhāto: su + akkhāta 「よく説かれた」のnom.
bhagavatā:bhagavantのinst.「世尊によって」
dhammo: dhammaのnom.
sandiṭṭhiko:saṃ+ diṭṭhi+ ka(形容詞をつくる接尾辞 ka)→「『分かる・今生の・現に分かる』の」
akāliko:a (否定)+ kāla 「時間」+ ka →「『時間とは関係ない・即時』の」
ehi-passiko: etiの命令形「来たれ」+ passa (passatiの命令形)「」見よ+ ka →「『来たれ・見よ』の」
opanayiko: upanaya + ika 「『導く』の」
paccattaṃ: paccattaのacc.「各自に」
veditabbo: vedeti のgrd(未来受動分詞) nom.→「『経験されるべき』の」
viññūhī: viññū「賢者」の pl. inst.「賢者らによって」
ti:

Dhammaṃ jīvita pariyantaṃ saraṇaṃ gacchāmi

dhammaṃ: dhammaのacc.「ダンマに」
jīvita:「命」
pariyantaṃ:pariyanta 「限り・終り」のacc.
saraṇaṃ:「帰依所に」
gacchāmi: gacchatiのsg. 1st.「(私は)行く」

日本語訳

世尊によって説かれたダンマは、よく説かれたものです、今ここで実証されるものです、即時に得られるものです、「来たれ、見よ」という真理です、(涅槃に)導くものです、賢者が自身で経験されるべきものです。

(このような)ダンマに生涯、私は帰依いたします。


リファレンス

続きを読む

Saṅgha Vandanā サンガへの礼拝 (サンガの九徳)

[日常読誦経典]

目次

Saṅgha Vandanāサンガへの礼拝(サンガの九徳)

パーリ語

Supaṭipanno Bhagavato sāvaka-saṅgho

supaṭipanno: su 「善き」+ paṭipanna (paṭipajjati[paṭi + pad]のpp.)「道を行く者」 nom.「善き道を実践する者である」
bhagavato: bhagavantのdat.「世尊の」
sāvaka-saṅgho: sāvaka「弟子」 saṅgha「サンガ」のnom.「弟子サンガは」

Ujupaṭipanno Bhagavato sāvaka-saṅgho

ujupaṭipanno:uju 「正しい・真っ直ぐな」+ paṭipanno →「(涅槃への)真っ直ぐな道を歩む者である」

Ñāyapaṭipanno Bhagavato sāvaka-saṅgho

Ñāyapaṭipanno:Ñāya 「正しい・真理の」+ paṭipanno →「真理の(つまり涅槃への)道を歩む者である」

Sāmīcipaṭipanno Bhagavato sāvaka-saṅgho

sāmīcipaṭipanno: sāmīci 「方正な(尊敬に値する)」+ paṭipanno→「尊敬されるに相応しい道を歩む者である」

Yadidaṃ cattāri purisayugāni aṭṭha purisa-puggalā, esa Bhagavato sāvaka-saṅgho

yadidaṃ: yad 「〜のは」+ idaṃ「これは」
cattāri: catuのn. nom.
purisayugāni: purisa「人」+ yuga「組・対」のpl. nom.
aṭṭha:「八つ」
purisa-puggalā: purisa-puggala「人」のpl. nom.
esa:etad これが

Āhuṇeyyo,

Āhuṇeyyo:ā-hu「供養する」のgrd.(未来受動分詞)のnom.「遠くから運ばれたもの、徳の高い方への贈り物を受けるに相応しい者」

続きを読む

Ratanattaya khamāpanā (三宝に対する懺悔)

[日常読誦経典]

目次

Ratanattaya khamāpanā(三宝に対する懺悔)

パーリ語

Kāyena vācā cittena pamādena mayā kataṃ
Accayaṃ khama me bhante Bhūri pañña Tathāgata.

kāyena:kāyaのinst.「身体による」
vācā:「言葉」(f.)
cittena: citta(n.)のinst.「心による」
pamādena:「放逸によって」
mayā:「私によって」
kataṃ:「なされたことを」(acc.)
accayaṃ:「過ちを」(acc.)
khama:khamatiの命令形2sg.「お許し頂けますように」
me:
bhante: bhantaのvoc.「尊師よ」
bhūri: a.「広い」
pañña:「智慧(者)」voc.
tathāgata:「如来」 voc.

Kāyena vācā cittena pamādena mayā kataṃ
Accayaṃ khama me Dhamma sandiṭṭhika akālika.

dhamma:dhammaのvoc.
sandiṭṭhika:saṃ+ diṭṭhi+ ka(形容詞をつくる接尾辞 ka)のvoc.→「『分かる・今生の・現に分かる』」
akālika:a (否定)+ kāla 「時間」+ ka (voc.)→「『時間とは関係ない・即時』」

Kāyena vācā cittena pamādena mayā kataṃ
Accayaṃ khama me Saṅgha supṭipanna anuttara.

saṅgha: voc.
supaṭipanna: su 「善き」+ paṭipanna (paṭipajjati[paṭi + pad]のpp.)「道を行く者」 voc.→「善き道を実践する者よ」
anuttara: voc.「無上の」

日本語訳

身口意によって放逸によってなしてしまった過ちを、尊師・広慧者・如来がお許し頂けますように

身口意によって放逸によってなしてしまった過ちを、実証できる・時によらないダンマがお許し頂けますように

身口意によって放逸によってなしてしまった過ちを、無上の善き道を実践するサンガがお許し頂けますように

続きを読む

Buddhābhivādanā

[日常読誦経典]

目次

Buddhābhivādanā

パーリ語

Namo tassa bhagavato arahato sammā sambuddhassa

namo:(不変語)「敬礼し奉る」(または礼拝 nom.「礼拝は」)
tassa:ta(so)の与格「かの方に」
bhagavato:bhagavantの与格「世尊に」
arahato:arahantの与格「阿羅漢に」
sammā:「正しく・完全たる」(adv.)
sambuddhassa:(sa[sāmaṃ]「自ら」+ buddha 「覚た者・ブッダとなった(者)」の与格)「正自覚者に」

日本語訳

世尊であり、阿羅漢であり、正自覚者である、かのお方に敬礼し奉ります


参考


22x22(2649bytes)上記の日本語訳については著作権は放棄します。御自由にお使い下さい(編集・改変・ソフトウェアに組込むなど)。ただし日本語訳についての質・内容は保証しませんし、この訳をご利用になる上で生じるいかなる不都合に対して、上の日本語訳の作者は責任を負いません。

訳が拙い・不適切なところがあるかも知れません。御指摘頂けるならば幸いです。

初出: Sun August 03 2008 16:50 (+0900)

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜

続きを読む

Ti saraṇa

[日常読誦経典]

目次

Ti saraṇa

パーリ語

Buddhaṃ saraṇaṃ gacchāmi

Dhammam saraṇaṃ gacchāmi

Saṅghaṃ saraṇaṃ gacchāmi

Dutiyampi Buddhaṃ saraṇaṃ gacchāmi

Dutiyampi Dhammam saraṇaṃ gacchāmi

Dutiyampi Saṅghaṃ saraṇaṃ gacchāmi

Tatiyampi Buddhaṃ saraṇaṃ gacchāmi

Tatiyampi Dhammam saraṇaṃ gacchāmi

Tatiyampi Saṅghaṃ saraṇaṃ gacchāmi

buddhaṃ: buddhaの対格「ブッダに」
saraṇaṃ: saraṇa「帰依所」の対格「帰依するところに」
gacchāmi: gacchatiのsg. 1st 「(私)は行きます」
dhammaṃ: dhammaの対格「ダンマに」
saṅghaṃ: saṅghaの対格「サンガに」
dutiyampi: dutiyaṃ「再び」+ pi
tatiyampi: tatiyaṃ「三度」+ pi「また」

日本語訳

私はブッダに帰依いたします

私はダンマに帰依いたします

私はサンガに帰依いたします

再び、私はブッダに帰依いたします

再び、私はダンマに帰依いたします

再び、私はサンガに帰依いたします

三度[みたび]、私はブッダに帰依いたします

三度、私はダンマに帰依いたします

三度、私はサンガに帰依いたします

続きを読む

Pañcasīla 五戒

[日常読誦経典]

目次

Pañcasīla 五戒

パーリ語

Pāṇātipātā veramaṇī sikkhāpadaṃ samādiyāmi

pāṇātipātā:pāṇa 「生き物・生命」(m)+ atipāta 「殺すこと」(m)のabl.「生命を殺すことから」
veramaṇī:「離れること」(f)の sg. nom.(?)
sikkhāpadaṃ:sikkhā「訓練」(f)+pada 「足」→「戒」(n)のacc.
samādiyāmi:samādiyati「受ける・取る」のsg. 1st.

Adinnādānā veramaṇī sikkhāpadaṃ samādiyāmi

adinnādānā:adinna(a [否定]+ dinna [dadāti dāのpp]「与えられた」)「与えられていない(もの)」+ adānā(ā+dā+ ana 「取ること」)のabl.→「与えられていないものを取ることから」

Kāmesu micchācārā veramaṇī sikkhāpadaṃ samādiyāmi

kāmesu: kāma 「欲」のpl. loc.→「諸々の欲における」
micchācārā:micchā「邪な」+ cārā(āra「行うところのこと」abl.)→「邪な行いから」(淫らな行為から)

Musāvādā veramaṇī sikkhāpadaṃ samādiyāmi

musāvādā: musā「偽って」(adv.)+ vādā(vāda「語ること」)→「偽って語ることから」

Surā-meraya-majja-pamādaṭṭhānā veramaṇī sikkhāpadaṃ samādiyāmi

surā-meraya-majja-pamādaṭṭhānā: surā「穀酒」+ meraya 「果酒」+ majja「酔わせるもの・夢中になるもの」+ pamādaṭṭhānā(pamāda 「放逸」+ (ṭ)ṭāna 「所・原因」のabl.)→「酒、酔わせるもの(麻薬など)、放逸の原因となるものから」

日本語訳

続きを読む

ダンマパダ第17偈

[ダンマパダ]

目次

第17偈

パーリ語

Idha tappati pecca tappati,

Pāpakārī ubhayattha tappati;

‘‘Pāpaṃ me katan”ti tappati,

Bhiyyo tappati duggatiṃ gato.

idha:ここに、この世で
tappati:燒ける、苦しむ
pecca:過ぎ去って、死後に
pāpakārī: pāpa 「悪い」+ kārī(kārin「作る・行う者」の男性・単数・主格)→「悪い行いをする者は」
ubhayattha:両方で
pāpaṃ: pāpa「悪」nom.
me: ahaṃ(inst.)「私によって」
katan:(karotiのpp.: kataṃ+ ti)
bhiyyo:(bhūの比較級)さらに多く、より多く
duggatiṃ: duggati 「悪い境遇・界」(f. acc.)→「悪い境遇に」
gato: gata:(gamのpp.)「行った、逹っした(者)」

日本語訳

この世で苦しみ、あの世で苦しむ

悪いい行いをする者は両方で苦しみます

「私は悪いことをした」と苦しみます

さらに苦しみ、悪い境遇に行く(生まれる)のです


参考

Dhammapada-aṭṭhakathā

Tattha idha tappatīti idha kammatappanena domanassamattena tappati.Peccāti paraloke pana vipākatappanena atidāruṇena apāyadukkhena tappati.Pāpakārīti nānappakārassa pāpassa kattā.Ubhayatthāti iminā vuttappakārena tappanena ubhayattha tappati nāma.Pāpaṃ meti so hi kammatappanena kappanto‘‘pāpaṃ me kata’’nti tappati. Taṃ appamattakaṃ tappanaṃ, vipākatappanena pana tappanto bhiyyo tappati duggatiṃ gato atipharusena tappanena ativiya tappatīti.

続きを読む

2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2015-06-29 12:47