前の月/ 次の月 / 最新 hohiのPali語学習・作業記録

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

レッスン10のまとめ

[パーリ語]

未来時制

  • 未来(bhavissantī)時制の動詞は、現在時制と同じ語尾変化をする
  • ただし、強形式の語根を持つ語幹に接尾辞issを、また第七類動詞の場合は普通はessをつける
  • 動詞の未来時制・受身は、受身形の語幹に同じ接尾辞をつけて、同様に語尾変化する
gam gamissati (彼は)行くでしょう
dis desessati (彼は)教えるでしょう
bhū bhavissati (彼は)〜であるでしょう、いるでしょう
labh labhissati (彼は)得るでしょう
saṃ-vi-bhaj (しばしば行くこと) saṃvibhajissati (彼は)分かちあうでしょう

未来形が表現すること

  • ほとんど確実であることの表現(特に、bhavissatiは多くはこの意味)
  • 仮定法的な未来
  • 確定したこと
  • (一人称で)決定、決意
  • 自然法則に従うことや、(先天的な、または後天的な)習慣(癖)
  • 後悔や非難の感情的な様子を表現することにも使われる。
  • 憤慨(または非難)も未来時制で表現される。
    • 普通は kathaṃ hi nāma …「いったいどうやって(彼は)…(しよう)というのでしょうか」という言い回しで始まる。
  • 困惑、驚き、不思議に思うことも表現することがある。
    • 例) kim ev' idaṃ bhavissati 「これは何があり得るでしょうか」「これ(の中身は)何でしょうか」。

属格(ジェニティヴGen.)

  • 第六格つまり属格(chaṭṭhī, sāmin)は普通、二つの名詞の間の関係(sambandha)を表現する。
  • 呼格を除く他の格は全てkāraka (「働き」の)格としてグループとしてまとめられる。なぜなら、それらは普通は動詞(動作)と直接につながっているから。
  • よく属格は「〜の」と訳されて「所有」格としての働きをする。
    • 二つの主要で特徴的な用法が区別される:
      • 「所有者」(sāmin)を示すこと
      • その単語が一部(avayava)を差し示しているものの全体を指すこと
    • これらのうち、所有を示す属格がより頻繁に使われ、多くのニュアンスの違う意味を持つ
主格属格
loko lokassa
lokā lokānaṃ
cittaṃ cittassa
cittāni cittānaṃ
kathākathāya (単数形:具格と同じ), kathānaṃ(複数形)
bhagavābhagavato
rājā raṅṅo
ahaṃ mama, me(前接的な形)
mayaṃ amhākaṃ
tvaṃ tumhākaṃ
(e)so と tad (e)tassa
tassā
teと tāni tesaṃ
tāsaṃ
ayaṃ assa または imassa(男性名詞)
assāまたは imassā(女性名詞)
ime imesaṃ
imā imāsaṃ
bhavaṃ bhoto

続きを読む

「何にも必ず限度がある」 〜かやの木会館でのスマナサーラ長老月例法話メモ(2007年4月28日)

[スマナサーラ長老][法話メモ]

「何にも必ず限度がある」 〜かやの木会館でのスマナサーラ長老月例法話メモ(2007年4月28日)

何にも必ず限度がある 〜「適度」を知って「快適」に生きる〜

常識ですが…

  • 限度を知って平安に生きる人→感情に勝った人・理性的な人

無常(anicca)

  • 言い換えると「一切の現象は無常です」: 現れては、消えるもの

現象の特色

  • 物質だけではなくて、こころも無常

常住・永住論

  • 「一切皆空」と同じ意味

"無常には断固反対"

因縁

  • asmin sat idaṃ hoti, asmin asati idaṃ na hoti
  • これが、全てのものに限度があるということ

喩え

  • 結果は全ての原因が調和するところ

早いか遅いか

因果法則は超えられない

発展か後退か

  • つまり発展ではなく、「変化」

手を加えて危険を招く

  • 例) ウランも人の手に渡らなければ何の危険もない

危険が生じる原因

限度を超えると「神頼み」

  • 因縁には手を加えられない

地雷を踏まない

  • 世界も己も手に負えない状態にまで弄らないこと

"無知と感情は問題"

危険なのは自然ではない。こころの無知と感情が問題。メスを入れるべきなのはここ。

諸悪莫作

  • 俗世間の生き方: 危険、苦しみをずっと保つ生き方

限度がないもの

  • 欲望・願望は破壊・苦しみへ進む; 成長・幸福には進まない

欲望が現れる原因

  • これも因果法則

命の限度(肉体)

  • 例) 仲が良くても犬と人は会話はできない(犬は言葉は認識できない)

命の限度(業)

  • これらの制限は遡って変えることは出来ない

楽しめる限度

  • 寿命を全うするには、丁寧に刺激享受の回数券を使うこと

賞味期限

  • 昔やりたくて出来なかったことは、今もやらないほうが安全

調和

  • 身体の器官の一つが壊れれば、道連れで他も壊れて死ぬ

"中道を歩む"

交通ルールに従って、制限速度を保って人生を運転する

続きを読む

パブリックドメインの電子版パーリ経典

[経典]

Sri Lanka Tripitaka Project から

In association with the Sri Lanka Tripitaka Project SLTP the Journal of Buddhist Ethics is pleased to act as the primary distributor for the first public domain electronic version of the Pali Canon.

雑な日本語訳

スリランカ Tripitaka プロジェクト(SLTP)との連携で、Journal of Buddhist Ethicsは、最初 のパブリックドメインの電子版パーリ経典の第一の配布元の役目を果たせることを、喜ばしく思います。

ユニコード版のパーリ経典をダウンロード出来ます。

続きを読む

仏教徒の日記(ブッダの実践心理学第三巻から)

[]

p. 175-176から。

自分の記録は、単なる自我意識の羅列で、自慢したくなることや悔やしいことばかりで、記録すること自体もあんまり明るい行動ではないのです。「私という人間がここにいましたよ」とみんなに言いたがっているだけです。そういうことではなくて、「善いことを思い出してください。善いことをしたら、それを書いておいてでも、忘れないでください」と言うのです。

「思い出すたびに、また、その善行為の徳を積みますよ。思い出せば思い出すほど、自分が過去に 行なった善行為の徳がどんどん増えていきます」と説法するのです。そうすると、信仰深い人々は それを信仰の立場から受け取って、善いことをしたら、それを何度も何度も思い出してこころで念 じて、さらに徳を増やしてもらおうとがんばっています。言葉通り簡単に理解して、簡単に実践し ています。これがまた、本当に正しいことなのです。

画像

続きを読む

簡略表記(Velthuis method)→ 文字コード(ユニコード)変換プログラムについて

[パーリ語]

簡略表記(Velthuis method)→文字コード(ユニコード)変換プログラム

(注意:パーリ語の表記に不具合がある場合は、こちらのページを試してみて下さい。
お使いのブラウザがインターネットエクスプローラーの場合はこちらもも御覧下さい。)

パーリ語の簡略表記(Velthuis method)と文字コードの一覧表を紹介しましたが、文字コードは入力するのが面倒です。

そこで、簡略表記から文字コードに変換する簡単なプログラムを作ってみました。こちらがプログラムです。変換ボタンを押すと、文字コードに変換した結果が表示されます。御自由にお使い下さい。リンクページをダウンロードすれば、御自分のPCでローカルでも使えます。


例えば

Cara.m vaa yadi vaa ti.t.tha.m, nisinno uda vaa saya.m;

と入力して「変換」ボタンを押すと

Caraṃ vā yadi vā tiṭṭhaṃ, nisinno uda vā sayaṃ;

と表示されます。これをhtmlソースに貼り付ければ、ブラウザ上では

Caraṃ vā yadi vā tiṭṭhaṃ, nisinno uda vā sayaṃ;

のように表示されます。


  • リンク先変更: Mon February 23 2009 17:05 (+0900)
  • 加筆: Wed May 02 2007 13:40 (+0900)
  • html 修正: Tue March 02 2010 22:38 (+0900)

99x169(3093bytes)

続きを読む

2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2015-06-29 12:47