前の月/ 次の月 / 最新 hohiのPali語学習・作業記録

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「チェック魔の憂鬱」〜かやの木会館でのスマナサーラ長老月例法話メモ(2007年3月24日)

[スマナサーラ長老][法話メモ]

世間の「エラー管理」

  • 世間の「エラーをなくす」、「失敗をなくす」という衝動は「完璧主義」「吾が輩は完璧」
  • 失敗に落ち込むのはなぜ?自分のこころは失敗を認められないから

「人は不完全」と言ったのは誰?

  • "完全であるはずの人間は、自分の過ちで不完全になった"…?(「完全な」人間が、間違いを犯すのか??)
「人間は不完全」とは仏教では言わない仏教では"全てが不完全です・無常です"
  • それなら、生きる上では「完全」はあり得ない
  • 「完全」を目指す努力は矛盾→問題を引き起こす
  • "「完全」 best はあり得ない"と知るひとは「ベター」betterを目指す・挑戦する(→これが理性的な態度)

失敗の原因

  • 行為とは:自分と他(人)との関わり
  • 他(人):「生き物」と「もの」
  • "他"の先は読めない→関わりは上手くいったり、期待はずれだったりする
  • 自分のことも先は読めない→
  • 環境が良くても失敗する
  • 失敗するケースの方が確率が高い・あたりまえ→成功はまぐれ
  • 無知な世界はこれを認めない→更に苦労する
  • 失敗を認めない人は落ち込むか悩むしかない

仏教では:失敗はあたりまえ、成功が起きたらとても明るい気分になる
トラブル・問題・障碍を乗り越えることが人生
→精神的に安定・着々と生きることが出来る
トラブルから逃げる・イヤ→人間のレベルより下の生き方

矛盾のない仏教の道

「損・得」で判断→間違い

  • 「損・得」は「経済」
  • 「損得基準」の行為はいつでも「損」になる
  • 命を粗末にすることになる(行為をする「人間」を忘れている)
    例)
    • 「国があって、国民が生活できる」?
    • 「会社があってこそ、社員が働くことができる」?
    • 「〇〇主義を貫けるならば、命はなくても良い」?

「幸福に生きる」という目的を基準にするならば、社会の失敗の問題は解決する
→今とまったく違う生き方が現れる

"失敗をなくす"は「倫理」

  • 間違い・失敗は人間・生命には必ず起こること
  • 生きる意義:苦を避ける、幸福を目指すこと
  • もし幸福を目指さないなら:何もしなくても良い(引きこもって、じっとしてればよい)
    →生きる意味もない、努力する必要もない
  • "失敗・エラーの管理は幸福な生き方を目的にする"
  • 生きること→幸福を目指す→ 失敗をなくすこと
          (道徳的・倫理的) (道徳・倫理)
  • 儲け・利益だけを目的にエラー管理をするなら「非道徳」
    →危機管理が危機を呼び寄せる
    →個人が怯える
    →苦しみが増す生き方
    (世俗的な利益だけを目的にしているから)
  • 「エラーをなくす」は「道徳」→幸福な結果
  • 意義が生じる
  • エラーチェックにもやり甲斐がある

続きを読む

レッスン11のまとめ

[パーリ語]

形容詞

  • 名詞と同様に語尾変化します。
    • それが修飾する名詞に属する単語として、その三つの性別に従う。
    • ほとんどの-a語基の形容詞は、-ā語基の女性形を作る。
    • 形容詞は、修飾する名詞の格と数も一致する
    • 二つかそれ以上の名詞に対して、形容詞が共通してかかる場合は、それらの和と一致する(つまり複数形)か、一番近い単語と一致する。
    • 修飾する語が集合的で単数の場合は、形容詞も単数形になる
    • 性別がかちあう場合は、男性が女性より優先され、中性が、男性・女性よりも優先される。
  • 普通、形容詞は修飾する名詞の前に来る(属性名詞とは対称的:レッスン1を参照のこと)。
    • 一つの名詞にいくつかの形容詞がかかる場合は、形容詞のうち一つだけが名詞の前に来て、残りが名詞の後に来る(ことが多い)。
    • 同じ名詞に関する指示代名詞は、全体の前に来る
  • 形容詞が、あるいは複数の形容詞が名詞の後に来る場合、その名詞が「断定」されていることを意味する。(つまり、その名詞の属性が強調されている)
    • 訳す場合は「…である誰/何かは…」とするべき
    • もし「ネクサス」と「連結」という用語を用いるならば、形容詞+名詞の語順は普通は連結を示し、名詞+形容詞(あるいはまた同じ格の別の名詞)の語順はネクサスを示す。
    • 文に動詞が全く無い時は、語順に拘らずネクサスであると理解する:ネクサス形容詞を置くことは、第一にそれを強調することを示している。
  • 過去分詞は形容詞として用いられるときは、特別な意味を持つときがある
    • diṭṭha 「見える」
  • 「実名詞」と「形容詞」との区別は絶対的なものではない。かなり多くの単語が両方のはたらきで使われる。
    例)、kusalaṃ= 「善」、kusala =「善い」「巧みな」、; sukhaṃ= 「楽」、sukha =「楽な」;
    同様に、普通は形容詞のkalyāṅaや他の単語は、抽象名詞としては中性として現れる。

第三類動詞

  • 第三類動詞の現在形の語幹は接尾辞yaがつく。
  • 形式上は-ya語基の受身と似ている。
  • 人称の変化は第一類動詞と同じ。

例)語根man「考えること」(語幹: man + ya → maṅṅa)

単数複数
三人称 maṅṅati maṅṅanti
二人称 maṅṅasi maṅṅatha
一人称 maṅṅāmi maṅṅāma
  • ṭhānaṃを使う言い回しでは、vijjatiは出来事や推論の可能性を表現する:
    • ṭhānaṃ etaṃ vijjati =「これ(それ)は可能です」(文字通りの意味は「この場所が見付かります」)、「これはその通りです」;
    • n' etaṃ ṭhānaṃvijjati =「これは不可能です」「これは、その通りではありません」。
    • これらの二つの言い回しは、可能、または不可能として引用された(… ti)所説のすぐ後に置かれる。または、関係代名詞に続いて導かれる。
  • 命令形はこれらの語幹から、第一類動詞と全く同様に作られる
  • u(p)-padから作られるアオリストに注意すること
    • udapādi 「(それは)生じた」
    • こういった動詞のアオリストを作るときは、現在形の語幹が使われることがある:-pajjiなど。未来形は-pajjissatiなど。
  • 受身形はたまたま能動形と一致する:そういった場合の意味は文脈から推察する
    • lrukkhā chijjanti の意味は「木は切り倒される」でなくてはならない
  • 第三類動詞の多くは自動詞。
    • 単語が受身か単なる自動詞かを判断するのが難しい時がある。
    • hāyati(レッスン9)の形を自動詞と見なす文法学者もいる。

続きを読む

パーリ語アルファベット表記をhtmlで表現する方法

[パーリ語]

パーリ語アルファベット表記をhtmlで表現する方法

(注意:パーリ語の表記に不具合がある場合は、こちらのページを試してみて下さい。)

パーリ語のアルファベット表記をhtmlで表現する方法を調べてみました。いくつかの方法があるようです。

  1. アスキー記号だけで簡略表記する
    • これは、長音のaをaaと表記したりします。
    • 入力が一番単純です。
    • ブラウザ環境への依存も最も少ないと思われます。
    • 読み易さは慣れが必要かも知れません。
  2. ユニコードで割当てる
    これには二つのやり方があります:
    1. ユニコードの文字をそのまま入力する
      例えば ā、 ṃをそのまま入力します。
      この方法を採用しているのは例えば、 Journal of Buddhist Ethicsで配布しているSri Lanka Tripitaka Project Pali経典や、 Vipassana Research Instituteの Tipitaka Project などです。*
    2. アルファベット26文字以外を直接ユニコード(utf-8)の文字コードを入力します。
      例えば、長音のaは Āと入力します。
    これの特徴は、文字をそのまま入力するにしても、文字コードを入力するにしても
    • 入力がかなり煩雑です。
      • ā、 ṃなどを直接入力するのは、普通は簡単には出来ません。別につくった表からコピー・ペーストするのが普通のやり方でしょうか。
        注意点としては、ユニコードが扱えるエディターソフトを使う必要があることです。(そうしないと文字化けする可能性があります。)
      • Āのように入力するのは、キーボードで入力するのは簡単ですが、どの文字がどのコードかを記憶するか、これも一覧表を逐一参照しなければならないでしょう。
    • ブラウザ環境への依存も(比較的に)小さいと思われます。
      • Windows XP上、Linux上のFirefoxや,Operaなら問題なく表示されるようです。
      • Windows上のInternet Explorer (version 7),Safariでも問題なく表示されるようです。(2008-3-10(Mon)追記)
      • Windowx XP上のInternet Explorer(version 6)だと表示されない時があります。

        その時は、「インターネットオプション」→「フォント」→「言語セット」で「ラテン語基本」を選びます。そうしてから「Web ページフォント(W)」で「Microsoft Sans Serif」を選ぶと表示されるようになります。

        上の対処方は上手く行かない場合があります。単独のページでは表示されるのですが、ブログ中では□のように表示されてしまう時があるようです。原因は調査中です。(2007-5-13(Sun)追記・2007-5-22(Tue)追記)

    • 読む時の見た目は、一番分かりやすいでしょう。
    ユニコード以外にも、独自フォントを開発している場合もあります。文字コードとフォントを一対一で対応させる必要があり、それぞれ撰択した文字コードごとにフォントをインストールしなければなりません。調べた範囲では(以前の)VRI Tipitaka Project,Norman, CSXなどがあるようです。
  3. 文字を画像化して貼りつける
    • 非常に手間がかかります。別のソフトウェア(ワープロなど)でアクセント記号などを含むアルファベットを入力して画像に変換します。
    • ブラウザ環境の依存性は最も少ないと思われます。
    • 読む場合の見た目は、分かりやすいでしょう。
    • 文字の拡大・縮小が出来ません。

続きを読む

2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2015-06-29 12:47